閉じる

カテゴリー:水虫の症状や似ている症状に悩んでいる方へオススメ

角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角化と間違えられやすく、家族や同居人などに移りやすいという特徴を持っています。ふつうの水虫の場合は、春から夏にかけて症状がでる場合が多いで…

水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因である白癬菌が足の指と指の間に症状を発症させて、痒みや痛みを引き起こす事から、男女問わず悩まされています。この一般的な水虫の症状である趾間型…

数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます。水虫は、カビの一種である白癬菌のウィルス感染によって症状があらわれますが、足の指の間に痒みなどの症状が出る場合や、足の裏が乾燥してひび…

水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも気が付かないうちに人に感染させてしまう可能性があります。まず水虫は白癬菌というカビの一種が原因で発症します。それ自体は目に見えないため、…

水虫といえば、足に発症するというイメージを持つ人が多いですが、実は足以外にも発症することがあります。他の部位に移ることがあるので、発症した方は早めの対処を行い、治すことを始めましょう。家族や、友人など自分以外に移してしまうのはさけたいで…

水虫が悪化する原因は多くが水虫が繁殖しやすい環境にあります。水虫とは足の裏に生息する白癬菌の事ですが、その白癬菌が好む環境が出来上がった瞬間、爆発的に異常繁殖してしまい症状の悪化につながるのです。第一の悪化する原因として、常に同…

「水虫を見ると夏になったのだな、と思う」と言う人もいますが、水虫は日本人の4~5人に1人がなっています。女性の水虫も最近は増えていて、人には言わないものの女性の7割くらいは経験があるだろうと考えられています。恥ずかしくて皮膚科に行かずに…

水虫と言えば痒くて痒くてたまらず、なかなか完治しない厄介なものだという印象があります。今や日本人の4人にひとりが水虫持ちだというのですから、国民病のひとつに数えても過言ではないかもしれません。水虫のおもな症状として、痒いという誰もが持つ…

注目記事

  1. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  2. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  3. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  4. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  5. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
ページ上部へ戻る