閉じる

アーカイブ:2017年 9月

角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角化と間違えられやすく、家族や同居人などに移りやすいという特徴を持っています。ふつうの水虫の場合は、春から夏にかけて症状がでる場合が多いで…

注目記事

  1. 健康な状態の足のつめはつやがあって肌の色に近い状態なのですが、自分の足の爪を見た時に爪が濁っていたり…
  2. 同棲というのは、人によってはいわば結婚に向けてのお試し期間で、相手と結婚したい気持ちが大きければ大き…
  3. お子さんがアトピー性皮膚炎になった時にステロイド軟膏やクリームを塗ると、すごくきれいな肌になって、そ…
  4. 竹酢液の材料となる竹に殺菌効果があることは、昔から良く知られています。例えば、竹の皮でおにぎりを包ん…
  5. 足の裏にカサカサと角質ができて消えない。角質ケアするクリームを塗ったり、やすりで削るなど、角質を除去…
ページ上部へ戻る