閉じる

アーカイブ:2017年 7月

数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます。水虫は、カビの一種である白癬菌のウィルス感染によって症状があらわれますが、足の指の間に痒みなどの症状が出る場合や、足の裏が乾燥してひび…

水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも気が付かないうちに人に感染させてしまう可能性があります。まず水虫は白癬菌というカビの一種が原因で発症します。それ自体は目に見えないため、…

注目記事

  1. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  2. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
  3. 水虫といえば、足に発症するというイメージを持つ人が多いですが、実は足以外にも発症することがあります。…
  4. 長年同じ靴を履く男性
    水虫が悪化する原因は多くが水虫が繁殖しやすい環境にあります。水虫とは足の裏に生息する白癬菌の事で…
  5. 水虫になった女性
    「水虫を見ると夏になったのだな、と思う」と言う人もいますが、水虫は日本人の4~5人に1人がなっていま…
ページ上部へ戻る