閉じる

アーカイブ:2017年 7月

数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます。水虫は、カビの一種である白癬菌のウィルス感染によって症状があらわれますが、足の指の間に痒みなどの症状が出る場合や、足の裏が乾燥してひび…

水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも気が付かないうちに人に感染させてしまう可能性があります。まず水虫は白癬菌というカビの一種が原因で発症します。それ自体は目に見えないため、…

注目記事

  1. 健康な状態の足のつめはつやがあって肌の色に近い状態なのですが、自分の足の爪を見た時に爪が濁っていたり…
  2. 同棲というのは、人によってはいわば結婚に向けてのお試し期間で、相手と結婚したい気持ちが大きければ大き…
  3. お子さんがアトピー性皮膚炎になった時にステロイド軟膏やクリームを塗ると、すごくきれいな肌になって、そ…
  4. 竹酢液の材料となる竹に殺菌効果があることは、昔から良く知られています。例えば、竹の皮でおにぎりを包ん…
  5. 足の裏にカサカサと角質ができて消えない。角質ケアするクリームを塗ったり、やすりで削るなど、角質を除去…
ページ上部へ戻る