閉じる

趾間型水虫の症状

水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因である白癬菌が足の指と指の間に症状を発症させて、痒みや痛みを引き起こす事から、男女問わず悩まされています。
この一般的な水虫の症状である趾間型は、足の指の中でも特に小指と薬指の間に症状が見られる事が多く、皮膚が柔らかく白くふやけ、グジュグジュとした状態になり赤くただれます。
それによって、患部がムズムズとしたり、痒みや炎症が起き、耐えきれずに掻きむしる事から、更に皮膚の状態を悪化させます。
これらは全て、カビの一種である白癬菌が原因であり、この菌が好む温度や湿り具合によって増殖する事から、足の環境にも注意を払う必要があります。

趾間型水虫は、皮膚がふやけて湿った状態になり、赤くただれてしまう浸潤型と、皮膚が剥けて乾燥し、カサついた状態となる乾燥型に分けられます。
どちらとも痒みを伴うのは同じですが、湿った状態でただれる浸潤型の方が、特に痒みが強い傾向があります。しかも痒みに耐えきれず掻きむしる事で皮膚の状態を悪化させ、重症化しやすいです。
現代人の生活環境においては、足にとって優しい状態とは言えません。
常に窮屈な靴やブーツやヒールにパンプスなどを履き続け、通気性の悪いストッキングなどによって汗を放出できず、足先が湿った状態である事から、様々な菌の温床となりやすい訳です。
そのため、足の指の間に白癬菌が感染して増殖する、菌にとっては最高の環境を提供している状態となります。
直ぐに水虫だという事に気がついて、病院で診察を受け、適切な治療を施すのが良いのですが、趾間型水虫の場合は、皮膚の状態が悪化するまで気がつかない人が多いです。
足の痒みを感じても、初期の場合はあまり気にする事もなく、ただの足の蒸れからくるものだと自己判断してしまうからです。
しかしそのように放置する事で、指の間では白癬菌が活性化し菌を増殖させ、皮膚をただれさせていきます。痒みも初期の頃に比べて酷くなり、重症化する事で強烈な痒みと痛みを伴ってしまいます。
その結果、常に足の状態が気にかかり、日常生活もままならなくなってしまう事になりかねません。

初期の段階で適切な治療法を見つけて処置しなければ、家族や公共の場などにおいて、感染のルートを作り出す事にもなります。
自分のみならず、家族や他人までも巻き込む可能性がある趾間型水虫は、とても威力のある疾患故に、それだけ患者数が多い訳です。

趾間型水虫に効く市販薬と治療法

感染するととても厄介な趾間型水虫は、初期の場合は市販薬を使う事で改善される事もあります。市販薬としては、患部に塗布する外用薬のみとなっています。
皮膚の状態が赤くただれる浸潤型の場合は、パウダーや軟膏、そしてスプレー状の薬が良いでしょう。乾燥型の場合は、液状や軟膏にクリームがお勧めです。
皮膚の状態を良く見極めて、それにあった市販薬を使います。自分で判断出来なければ、症状を薬剤師に相談してみるのも良いかもしれません。

使い方としては、入浴後の清潔になった状態で薬を使います。お風呂上がりは薬効成分の皮膚への浸透率が良いため、患部にとても効果的です。
薬を使う以外の治療法としては、患部を清潔に保ち、湿った状態を作らないようにする事が大切です。同じ靴を毎日履かないようにしたり、汗などの吸水性が良い繊維の靴下やストッキングの利用や、サンダルなどを使うようにします。
このように市販薬による治療法でも症状が良くならない、あるいは悪化してきたと感じたら悩むことなく病院で専門医にしっかりと診察をしてもらう必要があります。
市販薬でも症状に合わない場合もあるので、異変を感じたら病院で診断を受けて治療をしましょう。適切な外用薬の処方や、場合によっては内服薬も使う場合もあります。
多くの人が患っている趾間型水虫は、いかに早めに症状や状態を見極めるかがカギとなります。重症化する前に意識して、少しでも早く治療をする事が大切です。

関連記事

  1. 自覚症状のない女性

    自覚症状のない水虫もある?

  2. 角質増殖型水虫の症状

  3. 水虫は症状がでないと気づかずに移してしまう

  4. 足以外にも症状がでる水虫がある!

  5. 水虫になった女性

    水虫は症状が収まったら完治したことになる?

  6. 長年同じ靴を履く男性

    かゆみだけだった水虫に他の症状も加わり悪化する原因

注目記事

  1. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  2. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  3. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  4. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  5. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
ページ上部へ戻る