閉じる

角質増殖型水虫の症状

角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角化と間違えられやすく、家族や同居人などに移りやすいという特徴を持っています。
ふつうの水虫の場合は、春から夏にかけて症状がでる場合が多いですが、汗が出にくい冬場にひどくなるのが角質型水虫の特徴です。
この角質増殖型水虫の初期の症状は、角質層がまだらに白くなる、皮がむけるといった症状が現れ、重症になると足全体がカサカサになり、しわが深くなって、全体的に皮膚が硬質化してしまいます。
進行すると、皮膚がボロボロと剥がれ落ちますが、その剥がれた皮膚の中に白癬菌がたくさんいるため、他の人にうつしてしまう原因となってしまいます。

症状が重症になってひび割れが進むと、硬くなった皮膚が厚くなり、しわにそって皮が剥がれ、皮膚のこわばりを生みます。さらにひび割れが進めば痛みを生じて、歩くと激痛を伴うようになってしまう場合もあります。
自覚症状が初期ではとても薄いため、かかとが厚くなって、ひび割れが生じ始めて水虫にかかっていることに気が付く場合もあります。肌荒れのせいかと思っていたら実は水虫だったという事もあります。
足以外にも他の部位にも感染してしまうことがあるため、かゆみなどの目立つ症状がなかったとしても放置してはいけません。早めに治療を行うことが大切です。

角質増殖型水虫のやっかいな点として、角質の深くまで白癬菌が侵入していることがあるため、塗り薬での治療では原因となっている白癬菌まで薬の効果が届かないので、完治しにくいため治療には飲み薬も併用しなければいけません。
角質増殖型は、水虫が慢性化した状態のため、症状が現れた時点で白癬菌がすでに感染した足や手にびっしりと感染していると考えられます。さらに何も対処をしない場合には爪水虫も併発してしまうこともあるため、非常に注意が必要となります。
人に感染しやすいというのも角質増殖型水虫の特徴で、部屋の中を素足で歩いたりすることで、足の裏の皮膚が落ちてしまうことによって、白癬菌がそこら中にばらまいてしまいます。
なかなか水虫と気付かないため、処置が遅れてしまうと悪化しやすく人にうつりやすいためとてもやっかいです。
痒みなどの目立った特徴はないものの、放っておくと重症化し、人にもうつりやすいという特徴を持っているため、気になる症状があった場合には早めに対処をすることが大切です。

角質増殖型水虫に効く市販薬と治療法

角質増殖型水虫の治療法として、皮膚科専門医の診察や顕微鏡検査を受けて、白癬菌が付いているかどうかを検査し、白癬菌が付いていると診断されたら最も適切な薬を処方してもらうことができます。
外用薬だけでは完治しにくいため、内服薬も併せて治療薬として処方されます。医師が完治したと判断するまで自己判断で治療を辞めてはいけません。治療は医師から完治したと診断されるまで続ける必要があります。

治療法としては、市販薬や自己流治療ではなかなか治らないということがあるため、なるべく一度皮膚科を受診することが大切です。
角質増殖型水虫の市販薬での治療法のポイントとしては、最低でも一カ月から三カ月程度は続けることが大切です。
白癬菌は角質の億に潜んでいる場合があるため、外から治ったと思っていても完全に治っていない可能性があります。長い場合だと半年以上完治までかかる可能性があります。

市販薬では、患部に浸透するピロエースZクリームや、角質を柔らかくする成分の尿素が含まれているメンソレータム エクシブWディープ10クリームなどがあります。
薬を使っても治らないという場合には、水虫ではない可能性もあり、内服薬が必要な場合もあるため、皮膚科で診てもらうのが確実な治療法です。

関連記事

  1. 自覚症状のない女性

    自覚症状のない水虫もある?

  2. 水虫は症状がでないと気づかずに移してしまう

  3. 足以外にも症状がでる水虫がある!

  4. 水虫になった女性

    水虫は症状が収まったら完治したことになる?

  5. 小水疱型水虫の症状

  6. 長年同じ靴を履く男性

    かゆみだけだった水虫に他の症状も加わり悪化する原因

注目記事

  1. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  2. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  3. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  4. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  5. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
ページ上部へ戻る