閉じる

水虫は症状がでないと気づかずに移してしまう

水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも気が付かないうちに人に感染させてしまう可能性があります。
まず水虫は白癬菌というカビの一種が原因で発症します。それ自体は目に見えないため、自力でこの菌を避けることは不可能です。しかし、この菌が足についたからといって必ずしも水虫になるわけではありません。
まずこの白癬菌は高温多湿の環境を好むため、例えば公共浴場やプールのマットなどは絶好の生息地です。
もちろん洗濯したばかりの清潔なマットであれば問題ないのですが、こういったマットは不特定多数の人が利用するため、中には水虫に感染している人が利用している可能性も決して低くありません。

対策としては公共浴場などに行った後に自宅で足を入念に洗うことが挙げられるのですが、それを怠って、こういったマットを利用した後に十分に足を洗わなかったり、同じ靴や靴下を履き続けることによって水虫になるリスクを高めてしまいます。
水虫に感染してもすぐに症状が出るとは限らず、もし仮に症状が出たとしても自分で水虫と気が付かない限り治療や対策を行わないことが一般的です。
そしてそのまま公共浴場を利用することで、今度は自分が他人に感染させてしまうという悪循環に繋がります。

一言に水虫といってもいくつかの種類があります。例えば足の指の間の皮がめくれるものや、足の側面などに水ぶくれができるもの、さらに爪にできる水虫もあります。
足の皮膚に症状が現れるものは見た目的にも気がつきやすく、また初期症状としてかゆみが挙げられるため、自分の体調や症状に敏感な人であればもしかして自分が水虫かもしれないと疑うことも可能です。

中でも爪にできる水虫は初期症状としてかゆみがなく、自覚症状としては爪の色がにごったり、爪に筋のようなものができることが挙げられるため、気がつきにくいことが特徴です。
ですが、実は水虫は放置しておくことで完治することはありません。それどころか放置することでさらに症状が悪化し、他の健康な足の指にまで幹線が広がることもあります。
そのため、少しでも自分の体の異変に気が付くことがあれば、早急に病院を受診することが大切です。
一般的に薬局などで販売されている薬でも効果がある場合がありますが、中には飲み薬でないと対処できないこともあるので、一度診療を受けることが確実です。

水虫に感染発覚から治るまで公共浴場は禁止

もし自分が水虫に感染していることがわかった場合は、基本的に公共浴場などの利用は控えたほうが良いです。完治していないうちに公共浴場を利用することで他の人に感染させてしまう可能性もあるため、マナー的にも良くありません。
さらに、公共浴場などのマットや床には他にもさまざまな菌が生息している可能性があります。
健康な状態であればまったく問題はないのですが、もし仮に足に傷口がある場合、公共浴場を利用することによって傷口にバイ菌が入り、化膿してしまう可能性も少なくはありません。
そのため、他の人だけでなく、自分自身のためにも完治するまでは公共浴場は利用しないようにすることが大切です。水虫は正しい治療を受けることによって、治療期間が短い人であれば2ヶ月で完治させることも可能です。
しかし、何かしらの理由があってどうしても公共浴場を利用しなければならない場合もあるかもしれません。そういった場合は、まず共有の足ふきマットなどは使用しないことが大切です。
そしてタオルも自宅から清潔なものを持っていき、浴場でしっかりと足を洗った後に除菌シートなどで足をきれいに拭くことも良いです。
そしてスリッパも自宅から持ってきたものを使用するなど、他の人と肌に触れるものを共有しないことで感染が広がるのを出来る限り防ぐことができますし、自身が他の雑菌に感染する可能性を下げることもできます。

関連記事

  1. 長年同じ靴を履く男性

    かゆみだけだった水虫に他の症状も加わり悪化する原因

  2. 自覚症状のない女性

    自覚症状のない水虫もある?

  3. 水虫になった女性

    水虫は症状が収まったら完治したことになる?

  4. 小水疱型水虫の症状

  5. 足以外にも症状がでる水虫がある!

注目記事

  1. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  2. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
  3. 水虫といえば、足に発症するというイメージを持つ人が多いですが、実は足以外にも発症することがあります。…
  4. 長年同じ靴を履く男性
    水虫が悪化する原因は多くが水虫が繁殖しやすい環境にあります。水虫とは足の裏に生息する白癬菌の事で…
  5. 水虫になった女性
    「水虫を見ると夏になったのだな、と思う」と言う人もいますが、水虫は日本人の4~5人に1人がなっていま…
ページ上部へ戻る