閉じる

水虫と勘違いする人がいる魚の目とは

足の裏にカサカサと角質ができて消えない。角質ケアするクリームを塗ったり、やすりで削るなど、角質を除去する対策をしてみても一向に効果がない。そういう場合は、ただちに自己対処法をやめて医師の診断を受けるようにしましょう。
足の裏にできて消えない角質は皮膚の疾患ある可能性が高いのです。特によくできやすいものに水虫や魚の目があります。

水虫と魚の目は、どちらも足の裏に症状が出やすく、カサカサとした角質ができて削ったり、保湿をしても消えないので勘違いされることもあるようです。
両方とも皮膚の表面がカサカサすることが多いですが、魚の目は豆粒のような大きさの突起であることに対して、水虫は一部の範囲にヒビが入ったような状態になったり、皮膚がめくれあがったりする症状が見られます。
放置しておくと魚の目は同じように負担をかけられた箇所が増え、水虫の場合は範囲が広がります。水虫は感染するので、最初に足にできたとしても、手など他の箇所に広がることもあるので注意が必要です。
見た目にはわかりにくいこともある水虫と魚の目ですが、大きな違いは水虫は白癬菌が原因となっているため他人や自分の別の個所に感染することが考えられる疾患です。
魚の目は同じ個所に負担をかけてしまったことによって皮膚が変質してしまった症状なので感染しない疾患ということです。
そのため、水虫である場合、角質をやすりなどで削ってしまうと、周りの皮膚に感染が広がってしまう恐れがあるので危険です。直接、患部を触ってしまうのも避けるべきです。

水虫は強い痒みが伴うことが多いですが、魚の目は痒みは感じない場合が多いでしょう。ただ、皮膚からポコッと突起しているため、靴などに擦れる刺激で痒みや違和感を受けることもあるでしょう。
ただ、水虫のように我慢できないほどの痒みが持続することはないようです。

魚の目は痒みよりも痛みを感じることが多いようです。
なぜなら、皮膚の表面が硬くなる、角質ができるといった症状だけではなく、芯のようなものができてしまっているので足の裏にできた場合はその芯を踏みつけることになり、強い痛みを感じることもあります。
芯のようなものが皮膚の下にできてしまっているので、表面を削るだけでは症状が改善しません。
自力で治そうとしてやすりなどで深く削ってしまっても、皮膚を傷つけてしまいます。
魚の目によく似た、ウィルス性のいぼであった場合は感染箇所が広がったり、他の人に伝染する場合もあるので自己判断は危険です。

大きなタコも水虫と見間違える

タコも魚の目と見た目は変わらないケースが多く、水虫と勘違いする可能性があります。
タコも足の裏にできやすく、皮膚が硬くなり、盛り上がるような症状が出現することが多いでしょう。
歩き方に癖があったり、靴が合わなかったりすると広い範囲の皮膚が大きなタコになり、固くなってポコッと突起するので足の裏にできやすい疾患である水虫かと不安にさせられる人もいるかもしれません。

表面がカサカサとすることもありますが、魚の目と同様で感染する疾患ではありません。
タコは魚の目と異なって、芯が皮膚の奥に入っていないので、適切なケアをすることで改善します。突起した表面の皮膚が角質化しやすいので水虫と見間違えやすい症状でもあります。

タコは痒みがなく、皮膚が盛り上がってしまうので靴などで擦れて痛みを感じることがあります。こすれることによって皮膚がむけることもあるので、水虫と見た目の印象が似ることも考えられます。
タコは範囲が広くなることもあり、大きなタコになってしまうと見て不安に感じてしまい、足にできやすい疾患でよく知られている水虫を連想してしまうことが起こりやすいと考えられます。
白く盛り上がっている場合はタコである可能性が高いですが、魚の目やウィルス性の疾患である可能性も高いので注意が必要です。

関連記事

  1. 角質増殖型水虫の症状

  2. 水虫は症状がでないと気づかずに移してしまう

  3. 足以外にも症状がでる水虫がある!

  4. 趾間型水虫の症状

  5. 長年同じ靴を履く男性

    かゆみだけだった水虫に他の症状も加わり悪化する原因

  6. 小水疱型水虫の症状

注目記事

  1. 足の裏にカサカサと角質ができて消えない。角質ケアするクリームを塗ったり、やすりで削るなど、角質を除去…
  2. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  3. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  4. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  5. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
ページ上部へ戻る