閉じる

小水疱型水虫の症状

数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます。
水虫は、カビの一種である白癬菌のウィルス感染によって症状があらわれますが、足の指の間に痒みなどの症状が出る場合や、足の裏が乾燥してひび割れるタイプ、また、爪にウィルス感染を起こし、爪自体に水虫の症状を起こすタイプなどがあります。
小水疱型の水虫は、これらの水虫のなかでも水疱が出来る事が特徴です。柔らかい足の裏や側面に大量の小さな水疱が発生し、場合によっては大きな水ぶくれ状態になる事もあります。
水疱が出来る事で痒みを引き起こし、痒みに耐えきれずに掻いてしまうと水疱が破けてしまいます。さらには水疱が破けると、ただれた状態になり、足全体に広がる事で悪化するという事態を招きます。

小水疱型の特徴である、小さな水ぶくれの水疱は、中に溜まっている水の中に白癬菌がいる訳ではありません。そのため、自己判断で水疱を潰してしまう人もいるほどです。ただ、このような自己処理は、あまりお勧めすべき事ではありません。
水疱の中の水は、白っぽい状態や黄色みを帯びた色をしている事があります。実際に、この水の中に白癬菌はいないとされていますが、絶対に混在していないとは言い切れない部分もあります。
故意に水疱を破く事で、防御機能が失われた皮膚に、雑菌による感染症を引き起こしかねません。そのため、余計な感染症予防と症状の悪化を防ぐ意味でも、自己判断による水疱の水抜きは避けましょう。
ただし水疱の大きさが、米粒から豆ぐらいの大きさになってきたら、中の水を抜いた方が良い場合もあります。その場合は自分で処置するのではなく、必ず医師の診察の下、適正な処置法で行ってもらう必要があります。
水抜きした後の消毒や薬などを施すことで、雑菌による感染を防ぐ事が可能なためです。

小さかった水疱が大きく育ってしまう原因としては、白癬菌の増殖が考えられます。菌の増殖によって水疱が育ち、悪化しているという事になります。そのまま放置する事は良い事ではなく、他のアレルギー疾患を誘発する可能性もあります。
ただの水虫から他の菌による二次感染、または、アレルギー疾患の誘発などを考えると、しっかりと水虫の症状を見極め、状態に合った適切な処置を行う事がいかに重要かが理解出来ます。
まだそんなに痒みを感じないから、また水疱が小さいから、などと思わずに、足の異変は身体全体にも影響を及ぼすという事実を覚えておきましょう。

小水疱型水虫に効く市販薬と治療法

小水疱型の水虫だと自覚をしたら、初期の段階では市販薬で様子をみる場合も多いでしょう。その際に有効な薬は様々なタイプがあります。
保湿性に富み、皮膚の保護する機能が高い軟膏は、少水疱型だけでなく他の水虫のタイプにも有効です。さらに少水疱型にお勧めなのが、液体タイプとスプレータイプです。
液体タイプは、患部の皮膚に対しての浸透率が高く、素早く乾燥させる効果もあります。スプレータイプも患部を触る事なく、薬剤をスプレーする事が可能であり、やはり乾燥効果が高いです。

自分で出来る治療法としては、患部を清潔に保つ事は大前提です。白癬菌は、足の奥深くに潜んでいる事が多いので、その部位を目指して市販薬の薬効成分を効率良く浸透させなければなりません。
お風呂上がりなどの清潔で、肌が柔らかくしっとりとした状態で薬を塗る事で、薬効成分が染み渡ります。
症状が出ている部分だけでなく、広範囲にわたって薬をまんべんなく塗る事が大切です。良くなってきたと思って直ぐに止めてしまわずに、しばらくは薬を使ってみましょう。強い生命力を持つ白癬菌に対して、徹底的に攻撃します。

水虫を予防するには、通気性の良い足の状態を作り、足拭きマットやタオルなどをこまめに洗濯し、同じ靴を履き続けないようにする事も大切です。
普段から足の状態をチェックし、足の指を動かしたりする事も有効です。なるべく素足の状態で足と指を解放させる時間も作るようにして下さい。
市販薬を使い、自分で可能な限りの方法で色々と試しても、全く変化がなく症状が改善しない場合は、医師の診察を受けてみましょう。
自分自身では難しい、医師による適切な治療法で、患部に対して有効な処置や処方薬を出してくれます。

関連記事

  1. 趾間型水虫の症状

  2. 長年同じ靴を履く男性

    かゆみだけだった水虫に他の症状も加わり悪化する原因

  3. 水虫になった女性

    水虫は症状が収まったら完治したことになる?

  4. 水虫は症状がでないと気づかずに移してしまう

  5. 足以外にも症状がでる水虫がある!

  6. 自覚症状のない女性

    自覚症状のない水虫もある?

注目記事

  1. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  2. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  3. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
  4. 水虫といえば、足に発症するというイメージを持つ人が多いですが、実は足以外にも発症することがあります。…
  5. 長年同じ靴を履く男性
    水虫が悪化する原因は多くが水虫が繁殖しやすい環境にあります。水虫とは足の裏に生息する白癬菌の事で…
ページ上部へ戻る