閉じる

カンジダの治療薬で水虫は治せるか

カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるということではありません。
水虫の薬にはいくつか症状に合わせた薬があります。
それにはアリルアミン系、ベンジルアミン系などがあり、それぞれに特徴があるので水虫の薬といっても様々な種類があるのです。

膣炎のカンジダ菌の真菌が、白癬菌と同じ場合に水虫の薬を使える場合があります。
この場合はカンジダの治療薬で水虫を治すことは期待できますが、特に市販薬については皮膚科で処方される薬とは配合されている成分の量なども異なります。
全ての症状に効果があるとは限らないため、完治を目指すのであれば皮膚科の医師の判断による薬を使うことが正しい選択です。

カンジダは膣の中にいる常在菌が原因で症状がでる女性特有の病気です。この菌は体の中に存在しても特に悪い影響はないのですが、体調不良や免疫力が低下することでカンジダ菌が増殖して症状となってあらわれます。
特に女性の性器は体の中に入り込んでいるため、菌が増殖すると一気に増える傾向にあります。
女性の膣の中でカンジダ菌が増殖するとおりものが白くなったり、特有のニオイのあるおりものがでてきます。場合によってはカッテージチーズのようなものが出てくる場合もあります。
カンジダは専用の薬を使うことで治すことはできます。膣の中で菌が増殖すると言っても性病ではなく、再発することも多いのも特徴的です。
常在菌なのでカンジダ菌は体の中に存在する菌ですが、体の免疫力が低下すると突然発症します。
酸性の場所を嫌いアルカリ性の場所を好み、膣内は通常は酸性ですが、体調によってアルカリ性になることがあり、アルカリ性に膣内がなった場合に菌が増殖し始めます。

軽い症状の場合は、免疫力が戻ることで自然治癒することもあります。免疫力を高めるためにはストレスや睡眠不足を解消することが良い方法です。
通気性の良い下着をつけたり、ジーンズやストッキングなどはなるべく履かない、おりものシートなどはまめに交換するなどの生活習慣も見直す必要があります。
一度発症すると再発することが多いカンジダは、自然治癒することもありますが、症状が酷い場合は皮膚科で抗菌剤を使って治療することが必要です。
水虫も真菌なので同じ薬で治療することも可能な場合もありますが、同じ水虫でも実はそれぞれに症状が違うため、皮膚科で専用の治療薬を処方してもらうことが大切です。

水虫の旦那から性器カンジダがうつることはある?

水虫の旦那から性器カンジダが感染することはありません。旦那の水虫の原因となるのは白癬菌の仲間の真菌でカビの一種で、カンジダは酵母タイプの真菌です。
皮膚や爪などにどちらの菌も発症することがあり、湿気を好んだり感染するパターンなどは良く似ています。
真菌は性器など温かい湿気が多い部位を好む特徴があり、治療する薬も抗真菌剤という真菌を駆除する薬を使います。旦那の水虫の原因菌の白癬菌は、体のいたるところに感染し、足に感染するだけではなく爪にも感染することがあります。

白癬筋は皮膚の角質の下の深いところに寄生し、皮膚表面や血液からも薬剤の有効成分が届きにくいため治りにくいものです。
カンジダ菌は、白癬菌と比べると再発はしやすいものの、症状が軽い場合は自然治癒や、皮膚科で処方される薬で簡単に治すことができます。

水虫とカンジダが痒みなど足に症状としてあらわれた場合は判断が難しい場合があり、自己判断で市販の薬を使うと症状が悪化する場合があるため、皮膚科を受診して正しく判断し治療薬を処方してもらう必要があります。
水虫とは菌が異なるカンジダは、旦那の水虫から性器に水虫菌が感染することはないと考えることができます。

注目記事

  1. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  2. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  3. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  4. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
  5. 水虫は老若男女問わず誰でもなる病気です。その感染力は非常に強く、適切な治療や対策を行わないと自分でも…
ページ上部へ戻る