閉じる

水虫の初期症状ってなんだろう?

水虫になったことはありますか?水虫の初期症状は気づけないものもあり、症状が進行、つまり菌が繁殖して初めて気づくというケースもあります。菌を甘く見てはいけないのです。水虫を治したい、水虫になりたくないなら今、真実を知るべきです。

水虫の原因菌

水虫とは、白癬菌が原因で皮膚に感染が広がる皮膚疾患です。
白癬菌はカビの一種なのですが、皮膚の角質層にこの菌が寄生することによって起こります。
原因菌でもある白癬菌は、手などの身体にも感染しますが、9割が足に感染します。
人間の髪や爪、皮膚の角質や飼っているペットの毛などには、ケラチンというたんぱく質が含まれているのですが、このたんぱく質を餌として繁殖していきます。
白癬菌には、30種類以上ありますが、土の中に寄生するもの、動物に寄生するもの、人間に寄生するものがあります。
人間の水虫の場合、人から人へ感染するタイプの白癬菌ですので、もし水虫になってしまったら、相手にうつさないようにしなければなりません。
何故、足に感染してしまうのか、その原因は現代人は靴を履く習慣があるからです。
家の中に居るときは、裸足で過ごすことも多いかもしれませんが、外出中や仕事中は靴を履いて過ごします。
そのため、その時間は足が蒸れやすくなるため、白癬菌が繁殖しやすい環境であるため、水虫になってしまうのです。

働く女性

水虫というと、男性がなるものというイメージが多いかもしれません。
しかし、女性も男性と同じように社会進出をし、外で仕事をするようになりました。
一日中ストッキングを着用した状態で靴を履かなければなりませんので、女性も水虫になりやすい傾向がありますので、注意する必要があるでしょう。
白癬菌は、人から感染することがほとんどです。
感染している人の皮膚の角質が剥がれ落ち、それを踏んだ人が感染してしまいます。
剥がれ落ちた角質の中にも菌は生きているからです。
しかしすぐに水虫になってしまうことはありません。
菌を洗い流せば、感染を予防することができます。

感染しやすい方の場合、水虫の人が歩いた後を素足で触れ、そのまま一日中靴を履いていたり、同じ靴下を履き続けていると、菌が繁殖しやすい状態になってしまうため、感染しやすくなりますので注意しましょう。
高温多湿な環境になると、白癬菌が繁殖しやすい状態になってしまうため、冬場よりも夏場の方が注意が必要です。
ちなみに水虫になりやすい環境は、温度が15度以上で、湿度が70パーセントを超えた状態です。
また足の皮膚に傷などがあると、傷が原因で水虫になりやすくなりますので注意が必要です。

予防するためには、水虫になる原因を取り除いてやることが肝心です。
外から帰ってきたら、手洗いをすることを習慣にされている方も多いと思いますが、同じように足も浴室などで洗いましょう。
足を洗うことを徹底することで、水虫の原因菌である白癬菌を感染する前に洗い流すことができます。
特にプールや公衆浴場、サウナやスポーツジムなどを利用した場合は、不特定多数の人が利用するため、足の裏にお水虫の原因菌を持ち帰っている可能性も高くなりますので、丁寧に洗いましょう
また靴下をこまめに取り換えたり、床を丁寧に掃除すること、バスマットは毎日取り換えるようにすることで、予防することができます。
靴も湿った状態だと水虫になりやすくなりますので、一日履いたら同じ靴を履かずに別の靴を履くようにするとよいでしょう。
また仕事中、デスクワークをされている方であれば、職場で履くサンダルを用意しておきましょう。
靴を履いたまま作業すると足の中が蒸れた状態になりますが、通気性のよいサンダルを履くことによって、足の蒸れを防ぐことができますので、水虫対策をすることができます。
靴を脱いだら、靴の中に乾燥剤を入れたり、陰干しをして靴の中を乾燥させると水虫を予防することができます。

家族が水虫になっている場合は、タオルや足拭きマットは、家族と別のものを使用するようにしましょう。
また家族の中に何人も水虫になっている人がいる場合は、一緒に病院へ行って治療を受けましょう。
足拭きマットもこまめに洗うことで、水虫の原因菌を取り除くことができます。
足拭きマットは湿ったまま床に放置しておくと、白癬菌が増殖する原因となりますので湿ったまま放置しないうようにしましょう。
また菌を家の中でばらまかないようにするために、家の中では靴下を履いておいた方がよいでしょう。

水虫の主な症状まとめ

水虫

水虫になると、どんな症状があらわれるのでしょうか。
また臭いはあるのかどうかが気になる点ではないでしょうか。
水虫の症状には、さまざまなものがあります。
患部の皮膚がボロボロと剥がれ落ちたり、皮膚が柔らかくなり、白色になったり、ふやけた状態になってしまうこともあるでしょう。
ひどくなると赤くジュクジュクとし、皮膚の皮がふやけてめくれてしまったり、痛みや痒みなどの症状が出ることもあります。
水虫が原因で皮膚に傷ができてしまうと、そこにブドウ球菌などの細菌が入り込み、白癬菌とともに細菌も同時に繁殖し、患部で増殖し、症状がさらに悪化してしまうケースもありますので、要注意です。
足の裏に水泡ができてしまうこともあります。
この場合、患部にとても強い痒みが出てくることもあるでしょう。
足の角質が分厚くなる症状もあらわれます。
特に足の裏のかかと部分の角質が分厚くなり、カサカサした状態になっています。
冬場は皮膚がさらに乾燥し、ひび割れができてしまうこともあります。

臭いについてですが、白癬菌そのものには、臭いはありません
水虫というと、ものすごく足が臭そうなイメージがありますが、足の裏の環境が悪いと、臭いを発生させる原因となります。
足の裏には汗腺が集中しており、常に靴や靴下で蒸れていると高温多湿状態であるため、雑菌も繁殖しやすくなり、臭いも発生します。
また足の角質は分厚く、薄い顔の皮膚と比べると、新陳代謝が遅いため、角質がなかなか剥がれ落ちません。
そのため、白癬菌が繁殖しやすくなっていきます。
白癬菌そのものが臭うのではなく、繁殖しやすい環境だからこそ臭いが発生しやすくなるのです。

爪に水虫ができるタイプのものもあります。
爪水虫の症状は、爪全体が分厚くなり、白く濁ります。
爪の表面に縦しわができることもあります。
こうした爪水虫の症状に気が付いたときは、市販の水虫の塗り薬だけでは治りませんので、皮膚科へ行って飲み薬も処方してもらうようにしましょう。
通常の水虫とは違い、治るまでに時間がかかってしまいます。
爪水虫は爪の中にまで感染してしまった状態で、足の親指の爪になりやすい傾向があります。
爪水虫の原因は白癬菌を爪の中に貯蔵している状態であるため、家族への感染率が高まります。
また初期症状は、足の親指だけに症状があらわれていたのを放置しておいたら、足の爪全体に広がってしまうこともありますので、完治するまで病院に通院して治す必要があります。

手にも水虫が感染する場合もあります。
全体の1割程度の感染率なのですが、やはり白癬菌の原因を取り除くためには、手洗いをこまめにすることが大切でしょう。
水虫は放置しておくと、症状がどんどん悪化していきます。
また自分だけでなく、他人へ感染させてしまうことにもなりかねませんので、自分が感染源にならないように注意を払うべきでしょう。
白癬菌は一種のカビのようなもので、皮膚の角質層の常在菌です。
身近な菌ですが、洗い流すことで予防することも可能です。
普段から水虫を予防すること、水虫になったことに気がついたら、ひどくなる前に、病院で診てもらうことが大切です。
水虫かどうかは、素人で判断することが難しい場合がありますので、勝手に市販薬を塗って、患部を悪化させてしまうこともあるかもしれません。
そのため、病院で水虫であるかどうかを調べてもらった方がよいでしょう。
皮膚科では皮膚の一部を削り取り、すぐに顕微鏡で確認してもらえるので、その場で自分が水虫かどうかを調べてもらうことができます。
また水虫を治すことは長期戦です。
一時的に症状が治まったと思っても、再び菌が復活してしまうこともあります。
水虫が復活してしまう原因には、皮膚の角質層の奥に菌が住み続けていたからです。
医師がもうよいと言うまで、薬の使用はやめないで続けていくことが必要でしょう。
ちなみに水虫菌の寿命は、約2年だといわれています。
これは、まったく栄養を摂らない状態で生息できる時間です。
一時的に症状が治まったとしても角質の中に白癬菌がいれば、常に餌がある状態の中で生息し続けていることになるため、ニゾラールフロリードDクリームで殺菌する必要があります

水虫は掻いてもいいのか

水虫を痒きたい手

痒みを伴う水虫ですが、水虫は掻いてもいいのかどうか疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。
特に水泡が大きくできてしまうと、痒みもあるので、掻きむしって水泡も潰したいという気分になるのではないでしょうか。
水虫は基本、掻いてはいけません。
掻きむしることによって、菌を周囲の皮膚にばらまいてしまうことにもなりかねないからです。
水虫になると何故痒くなるのでしょうか。
その原因は、白癬菌に対する免疫機能が働いているからです。

白癬菌が角質層の中に入り込むと、身体の中の免疫機能が働き、菌を排除しようと攻撃を加えます。
そのため、痒みが生じるのです。
痒みがあると、掻きたくなります。
これは人間の身体に身についている防御反応のひとつなのですが、掻くことによって遺物を排除しようとしているのですが、掻きたくなっても掻いてはいけません
また痒みの原因には、身体に身についた免疫反応以外にも、白癬菌の代謝物によるものがあります。
この代謝物には、皮膚の下にある神経を刺激する作用があります。

水虫になると、皮膚にダメージを受けます
そのため、皮膚の下にある神経が歩いたり、触れたりするなどの刺激を受けることによって、痒みが生じやすくなってしまうのです。
また水虫になると、皮膚がダメージを受け、他の細菌にも感染しやすくなるため、他の細菌に対する免疫反応もさらに出ることになります。
ヒスタミンの分泌量が増加し、さらに痒みが増すという悪循環を繰り返してしまうこともあります。
痒みは初期症状の一つだととらえた方がよいでしょう。
水虫は早期治療で改善することが重要です。
この初期症状があるうちに、病院で治療を受けると早く治すことができるでしょう。
放置しておくと、だんだん足全体に広がっていき、爪まで感染してしまう危険性があります。
症状が進むと、だんだん免疫反応が起こらなくなってしまうため、痒みも感じなくなってしまいますので、注意が必要です。
痒みを感じたら、とにかく我慢しましょう。
掻くと皮膚が傷つき、そこからさらに感染し患部が悪化する原因になります。
病院へいくと痒みを抑える薬を処方してもらうことができますので、痒みなどの症状がある方は医師に相談しましょう。
痒みを抑えるヒスタミンなどを処方してもらうことができます。
また痒みは熱などの刺激があると、増してしまいますので、入浴するときはお風呂の設定温度をぬるめにするとよいでしょう。
また長風呂も痒みが増す行為になりますので、お風呂は短めに入りましょう。

痒みが伴う水虫には水泡ができてしまうものもあります。
この水泡は決して自分でつぶさないようにしましょう。
水泡をつぶすと、皮膚に傷ができます。
できてしまった皮膚の傷に白癬菌が感染することで、水虫が周囲の皮膚に広がっていく可能性が高くなるからです。
人間の手や爪の中には、多くの雑菌が存在しているため、水虫を掻いたり、水泡をつぶすことはよくないことなのです。
どうしても水泡が気になる場合は、自分でつぶさずに、病院で処置してもらうようにしましょう。
治療後も、再び症状に悩まされないようにするためには、毎日、足を清潔にすることが大切です。
足は毎日、お風呂で指の間まで石鹸で洗うようにしましょう。

また公衆浴場やスポーツクラブなどの不特定多数の施設を利用した際は、帰宅後、足をきれいに洗うようにしましょう。
家の中では、足が蒸れないように過ごすようにするとよいでしょう。
また靴はいつも清潔なものを履くようにしましょう。
通勤靴を何足か用意し、交互に履くようにするとよいでしょう。
抗菌効果のあるフットスプレーも予防対策になります。
足が臭う環境は、白癬菌にとって繁殖しやすい環境にもなりますので、こうした環境にならないように、とにかく清潔を保つようにすることが一番大切です。
長時間、外で働いている方は、足が蒸れやすくなるので、替えの靴下を何足か用意し、こまめに交換すると水虫対策も出来ることでしょう。

注目記事

  1. 足の裏にカサカサと角質ができて消えない。角質ケアするクリームを塗ったり、やすりで削るなど、角質を除去…
  2. カンジダの治療薬で水虫は治せるものもありますが、カンジダの治療薬が全ての水虫の症状に効果があるという…
  3. 角質増殖型水虫は、かゆみやじゅくじゅくといった症状がないため、乾燥による肌荒れや加齢によって起こる角…
  4. 水虫の種類の中でも趾間型水虫は、一番患者数が多いとされる白癬菌による感染性の疾患です。水虫の原因であ…
  5. 数ある水虫の種類において、水疱が出来る小水疱型水虫は、症状が目に見える分、発見しやすいものと言えます…
ページ上部へ戻る